TechReach エントリー

Java  Goldの難易度は?参考教材や勉強のコツを解説

Programmer working busy software developing in company office. programmer code computer program technology office software hands on laptop concept

転職やフリーランスの案件を探す際に、難易度の高い資格を持っていれば客観的なスキルの証明になり、役に立つことは間違いありません。

今回の記事では、Javaの最難関資格であるJava Goldについて説明をしています。この記事を参考にし、合格までの準備をしていただければ幸いです。

Java  Goldとは

日本Oracle社が主催をしているJavaプログラミングのベンダー資格で、Java Goldは最高難易度のものになります。正式名称はOracle認定JavaプログラマGold SE 11(Oracle Certified Java Programmer Gold SE 11)といい、難易度順にBronze、Silver、Goldと区分されています。

Javaを開発しているOracle社の認定資格のため、ベンダー資格でありながら業界での認知度が非常に高くなっています。Java Goldを取得すればJavaで高いスキルがあることの証明になるので、転職やフリーランスの案件探しに有利に働くことは間違いないでしょう。加えて、Java GoldとJava Silverは日本だけでなく世界でも通用する資格となっています。そのため、海外勤務や外資系企業への就職でもJavaエンジニアとしての実力を示すことが可能です。

また、Java  Goldを受験するために実務経験などの決まりはありません。しかし、受験するためにはJava  Silverの資格を持っていなければいけませんので、Java Silver 、Java Goldと段階を踏んで資格取得をしていく必要があります。

Java Goldの習得に向いている人

ここではJava Goldの習得に向いている人の説明をします。

Javaの知識を付けたい人

Oracle認定Javaプログラマ試験はBronze、Silver、Goldと、レベルごとの受験が可能なため、Javaの知識を段階的、網羅的に学びたい人に向いています。

出典:Java SE 11 認定資格 – Oracle

公式サイトでは、Bronzeは基本的なJavaアプリケーション開発のプログラミング知識、SilverはJavaのオブジェクト指向プログラミングの基本的な知識、Goldは業界標準に準拠した高度なスキルの証明となっています。そのため、Javaを初めて学習する人でも、Javaエンジニアとして徐々に成長していくことが可能です。

また、資格試験の範囲が分かれているため、目標の設定がしやすい点も勉強をするうえでは役に立ちます。Javaの知識をつけたい人は、最終的にはJava Goldの取得を目指して勉強を進めることをおすすめします。

開発経験がある人

Javaでの開発経験がある人にもJava Goldはおすすめです。Java開発経験◯年以上、と履歴書や職務経歴書に書くことはできます。しかし、より客観的なスキルの証明として、Java Goldを所持していると転職先やクライアント先に、有利に働くことが期待されるからです。Java GoldはJava系の資格では最難関のものになるため、 Javaを扱うエンジニアとして高いレベルのスキルを有していると認識されることでしょう。

また、Javaの開発経験があれば試験勉強へのハードルも低く、Java Goldの勉強をすることによって知識の取りこぼしが少なくなることも見込まれます。Java系エンジニアとしてのキャリアアップにもつながりますので、開発経験のある人はJava Goldの取得も視野に入れることをおすすめします。

Java Goldの取得難易度

Oracle認定パスの公式ページでは、『Oracle Certified Java Programmer,Gold SE 11 認定資格は、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格』と定義づけられています。

また、『Javaアプリケーション開発に必要とされる汎用的なプログラミング知識を有し、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える能力を評価することを目的としています』とも記載されています。

BronzeやSilverは上級者の指示のもとJavaでの開発業務をおこなえるレベルの資格ですので、Javaの開発業務を個人でおこなえるレベルに相当するJava Goldのほうが当然ながら高難易度になります。

先の項で述べたように、Java Goldの受験には実務経験は必須ではありません。そのため、やろうと思えば誰でも受験をすることができます。しかし、仕様や設計までの深い知識が求められるため、実務経験3年以上の人が受けるような内容になっています。また、合格率については非公開とされています。

Java Gold試験概要と参考教材

ここではOracle社の公式ページなどを用いながら説明をしていきます。

試験概要

  • Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11
前提資格Java Silver
受験料(税込)32,340 円
出題形式選択問題
試験時間180 分
出題数80 問
合格ライン63 %

出典:Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11

試験日については随時受付となっており、全国のテストセンターで試験を受けることができます。

申し込み方法・出題範囲など

  • 申し込み方法

出典:試験申し込みと受験 | オラクル認定資格制度 | – Oracle

上記公式ページによると、Java Goldの申し込み先はピアソンVUE社ということになります。またピアソンVUE社への申し込みをするためにはOracle CertViewへの登録も必要になるため、試験を受けるためにはその両方への登録が必須となっております。

出典:Oracle :: ピアソンVUE

出典:CertView について | オラクル認定資格制度 | Oracle University

両方の登録が終わり次第、ピアソンVUEサイトから試験を予約するかたちになります。『試験申し込みと受験 | オラクル認定資格制度 | – Oracle.』の公式ページの『3.ピアソンVUE社 配信試験の予約と受験』の項目でJava系資格への申し込み方法が書かれておりますのでご参照ください。

  • 出題範囲

出典:Java SE 11 Programmer II (1Z0-816-JPN) 試験 – Oracle

出題範囲としては、Javaの基礎、例外処理とアサーション、Javaのインタフェースなどといった17項目が設けられ、実際の開発に必要な知識やスキルが問われるものになっています。Java Silverでは12項目のテストのため、出題項目も増加しています。また、 SilverとGoldでは重複している範囲も少なくなっているため、しっかりとした勉強が必要です。

試験勉強用の教材

Java Goldの試験用教材には『徹底攻略Java SE 11 Gold問題集[1Z0-816]対応』、『オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE11(試験番号1Z0-816)』、『オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE11 スピードマスター問題集(試験番号1Z0-816)』の三冊が販売されており、それぞれ表紙の色から黒本、紫本、白本と呼ばれています。

出典:アマゾン: Amazon |「Java Gold SE11」で検索

合格体験記を公表している方々は黒本を中心に勉強を進められているようです。そのため、基本的には黒本の内容を押さえ、必要に応じて紫本や白本を購入していくほうがよいでしょう。大型書店であればこちらの三冊の取り揃えはあるかと思いますので、実際に手に取って内容を確認してみてください。

勉強時間の目安と勉強のコツ

Oracle社から勉強時間の目安などは公表されていませんでした。当然ながら、学習スピードはJavaへの慣れや知識によって異なってきます。しかし、早い人だと2、3ヵ月、長くとも半年〜1年程度の勉強時間が合格の目安のようです。

勉強をするうえで、まずは勉強期間を自分で定めることをおすすめします。Java Goldはいつでも申し込みができるため、ご自身の状況によって学習スケジュールを組み立てることが可能です。また、3ヵ月や半年といった期間を自分で設けることで、締切効果が生まれ集中力も高まります。1日、1週間、1ヵ月と目標勉強時間を定め、効率的に勉強をしていきましょう。

加えて、勉強を続けるコツとしては、お休みする日をあらかじめ決めるチートデイもモチベーションの維持に役立ちます。チートデイとは、元々はダイエットの停滞期を打破するために、あえてカロリーを気にせずに食事をする日のことをいいます。この方法を勉強にも応用し、勉強をしない日を作ることで長期的な勉強に取り組みやすくなるメリットがあります。

勉強方法は他にもいろいろとありますので、ご自身に合ったものを探してみましょう。

まとめ

転職やフリーランスの案件探しでは、最終的には人がらなどでも合否が判断されます。しかし、Java Goldを取得すれば、Javaエンジニアとして評価を得やすくなることは間違いありません。

スキルアップはもとより、キャリアアップにもつながる可能性のある資格ですので、目的を持って勉強を続け、資格取得ができるように努めていきましょう。

関連記事

サービスにご興味のある方は「エントリー」へお進みください。