TechReach エントリー

Python向けのエディターとIDEまとめ

プログラミング言語での開発で、テキストエディターやIDEを決めることは作業効率化のためにも大切なことになってきます。

この記事では、Python開発者の方向けに、テキストエディターやIDEのご紹介をしています。初学者の方にもわかりやすいように説明していますので、ぜひともご参考ください。

出典:Welcome to Python.org

テキストエディターとIDE(統合開発環境)の違い

両者の違いを確認するためにも、まずはテキストエディターとIDE(統合開発環境)について説明をします。

  • テキストエディターとは

テキスト(文章)を編集するソフトで、主な利用目的はプログラミングのコード記述や執筆作業です。書いた文章を.txtなどの拡張子でファイルとして保存することができ、他の拡張子のファイルも編集できるようになっています。Windowsのメモ帳、Mac OSのテキストエディットなどもテキストエディターに分類され、無料のものと有料のものがあります。

テキストエディターは文章を書くことに特化したソフトであるため、Wordなどと違い、画像の挿入や文字装飾などの機能が基本的にはありません。しかし、種類によっては文字色や背景色を変えたり、プログラミングの構文をチェックしてくれるものもあります。また、プラグイン(パッケージ)機能があるテキストエディターもあるため、機能を追加することも可能です。

  • IDE(統合開発環境)とは

IDE(integrated development environment)とは日本語で統合開発環境といい、ソフトウェア開発に必要なテキストエディター、コンパイラ、デバッガーなどの機能をまとめたソフトウェアのことです。

かつてはテキストエディターでコードを記述し、コンパイラで機械語に変換、バグの発見・修正ならデバッガーといった具合に、それぞれ別々のソフトウェアを使う必要がありました。しかし、IDEの登場によってそれらの機能を一つにまとめることができたので、画一的な操作ができるようになり、作業の効率化につながっています。

IDEもテキストエディターと同じく無料と有料のものがあり、プラグインで機能拡張ができるものもあります。利用言語や目的によって適するIDEも変わってくるので、色々と試すことをおすすめします。

  • テキストエディターとIDEの違い

テキストエディターは文章を書くことに特化したものであり、コンパイラ機能やデバッガー機能のあるIDEとは、それらの点で違いがあります。

テキストエディターの利点は、動作が軽く、すぐに作業ができることです。IDEは複合的な機能を持っているため、テキストエディターに比べ動作が重く、テキスト入力時のチェック機能などにより、もたつきを感じる可能性があります。しかし、パソコンのスペックを上げたり、プラグインを少なくしたりして、処理速度の改善を図ることもできます。

IDEの利点は、インストールするだけでソフトウェア開発の環境が揃うところにあります。コンパイラやデバッガーなどを別に準備しなくて済むので、全体的に見れば工数の削減につながったり、ソフトウェア開発に慣れていない方でもスムーズに作業に入れたり、といった具合です。また、チームメンバー間での共有、複数の開発者の連携機能などもあるので、大きなプロジェクトでのリソース管理にも役立ちます。

最初のうちは複数を同時に使ってみる

テキストエディターやIDEは無数にあるため、気になったものから使っていくことをおすすめします。使ってみないと使用感は確かめられませんので、無料のものから色々と試していき、自分に合ったものを見つけ出しましょう。

また、テキストエディターやIDEによって、利用できるOSも異なっています。WindowsとMacの両方で利用できるもの、Windows専用、Mac専用とありますので、その点も注意しながら確認をしてください。加えて、フリーランスの案件では企業によって、テキストエディターやIDEの指定が入る場合もあります。

エディターの選定基準

はじめてテキストエディターを使う場合、何を基準に選べば良いかわからないという方もいらっしゃると思います。ここではいくつかの基準をピックアップしましたので、テキストエディター選びの参考にしてください。また、初学者の場合はプログラミングおよび周辺機能についてこれから勉強をしていくことになるため、無料のものから使っていき、必要があれば有料のものを購入しましょう。

動作が軽いか

ソフト起動の速さと、タイピングのスピードと入力速度にラグがないかは、スムーズに作業をするために思った以上に大切になってきます。サクサク動くほうが快適に利用できるため、まずはこの点で比較をしてみましょう。

コードが読み返しやすいか

改行時にスペースが自動挿入される、タグの要素や属性で色分けをしてくれるものなど、コードの読み返しやすさに配慮したテキストエディターもたくさんあります。初学者のうちは記述ミスも頻繁に起こるかと思いますので、何がどうなっているかの確認がしやすいものを選びましょう。

日本語対応済&日本語のドキュメント有

テキストエディターは外国製のものが多く、その多くは英語で書かれています。しかし、サクラエディターのように日本人が開発したものや、Atomのようにプラグインで日本語に変換できるものもあります。

英語ができる方を除き、日本語化ができるか、日本語のドキュメントがあるかは学習効率にも関わってきます。加えて、インターネットなどに日本語の情報が多くあるほうが学びやすいでしょう。

また、組織で使うときに英語の得手不得手で開発速度に差がでてくる可能性もあります。その点から見ても、日本語に対応しているか否かは大切なポイントになってきます。

それ以外の基準としては、アイコンの位置や設定に関する操作のわかりやすさ、コードの自動挿入機能などがあります。先述したように、たくさんのテキストエディターを試して、自分に合ったものを探しましょう。

pythonに向いたエディター/IDE5選

ここまではテキストエディターやIDEについてご説明をさせていただきました。今回はPythonの記事ですので、Pythonに向いているものをご紹介します。

Atom

出典:Atom

Gitで有名なGitHub社が2014年にリリースしたオープンソース(無料)のテキストエディターで、 Web開発に向いています。AtomはWindowsやMac、LinuxとOSを選ばずに使えるため汎用性が高く、利用しようと思えばすぐに使うことができます。GitHub社が作っているためGitとの相性もよく、Atomから直接Gitのコマンドを入力することもできるようになっています。

また、機能を追加するパッケージも豊富に取り揃えているため、ユーザー好みのカスタマイズが可能です。初期設定は英語ですが、日本語のパッケージを追加すると日本語で表示ができるようになります。デメリットとしては、Visual Studio Codeなどの有名なテキストエディターに比べると動作が重く、メモリの消費量も多いことが挙げられます。

無料で利用でき、利用者も多いので、まずはAtomから試してみることをおすすめします。

PyCharm

出典:PyCharm:JetBrainsによるプロ開発者向けPython IDE

PyCharm(パイチャーム)はJetBrains社から2010年にリリースされたPythonに特化したIDEです。Web開発によく用いられ、Atomと同じくWindows、Mac、LinuxのOSで利用することができます。ダウンロードは日本語でできますが、ダウンロードをしたPyCharmは英語表記になっているため、日本語に変換するパッケージをインストールする必要があります。

PyCharmには、Professional、Community、Eduとバージョンが3つあり、Professionalのみが有料です。Community、EduにはPythonフレームワークであるDjangoやFlask、Pyramidなどのサポート機能が付いていません。そのため、フレームワークを使って効率よくプログラミングをするには有料版を購入したほうがよいでしょう。

また、無料版だと対応しているプログラミング言語が少なかったり、ビルドツールが使えなかったりするので、コード記述だけでなく、IDEとして総合的に利用するなら有料版が必要になってきます。

PyCharmはPythonを使って本格的に開発をおこなうためのツールが揃っているため、PythonエンジニアにおすすめできるIDEです。利用料金の公式Webページを下記にリンクしておりますので、気になった方は確認してみてください。

出典:購入 PyCharm Professional:価格とライセンス – JetBrains

Visual Studio Code

出典:Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure

Microsoft社が2015年にリリースしたオープンソースのテキストエディターです。Visual Studio CodeもWindows、mac、Linuxで利用することができ、日本語のプラグインも用意されています。世界で最も利用されているテキストエディターとも言われており、Python以外のさまざまなプログラミング言語で利用可能です。

加えて、デバッガ連携、Git連携などの機能も追加できるので、テキストエディターでありながら、IDEに近い働きをすることができます。たくさんの拡張機能があり、無料で提供されているので自分に合ったカスタマイズをすることも可能です。

追加機能がたくさんあるため、慣れるまでは大変かもしれません。しかし、Visual Studio Codeはどの言語でも使えるため応用が利き、ホームページ上の情報も多いので学習もしやすくなっています。そのため、メインで利用するテキストエディターとしても、おすすめできるものになります。

Jupyter Notebook

出典:Jupyter Notebook

2015年にProject Jupyterからリリースされた、Webブラウザ上で作動するオープンソースのIDEです。Webブラウザ上で作動するため、OSに関係なく利用することができます。また、日本語パックのインストールをすれば日本語で利用することも可能です。Jupyter Notebookは主にPythonで利用されます。しかし、GOやRuby、Scalaなどのプログラミング言語でも利用することができるようにもなっています。

Jupyter Notebookの利用にはAnacondaというプラットフォームを一緒にインストールすることが推奨されています。 また、Anacondaには機能追加に使うパッケージなどが搭載されているので、機能追加ごとにダウンロードをする手間を減らすことができます。

Jupyter Notebookは、コンパイルをすることなく、コード一行ごとに実行ができるという特徴があります。これにより、逐次確認をしながらコード記述をすることができるので、考えながら記述をする場合や頻繁にテストをする場合、加えてPython初学者にも役立ちます。また、機械学習やデータ解析への利用を想定して作られているため、数式や図式を挿入でき、データ処理を高速かつ簡単にできる機能を有しています。

一行ごとのコード確認機能は初学者が勉強するときの写経にも適していますので、その点でもおすすめできるIDEです。

Spyder

出典:Home — Spyder IDE

2009年にSpyder developer communityからリリースされたオープンソースのIDEです。クロスプラットフォームのため、Windows、Mac、Linux以外のOSでも利用することができます。Anacondaをインストールする点でJupyter Notebookと共通しています。しかし、Spyderは科学技術系のプログラミングに対応するよう設計されているIDEとなっています。

コンパイルやデバックなどの一般的なIDEの機能を揃えており、設定から日本語に変更することも可能です。また、拡張せずとも最初から基本的な機能が備わっているため、プラグインを用いずとも作業がしやすくなっています。さらに付け加えると、公式およびサードパーティー(公式外で開発されたもの)のプラグインも豊富にあるので、機能を追加したいときの拡張性も高くなっています。

基本的な機能が何もせずとも備わっているため、インストールをしたあとに追加機能を入れる必要がなく、学びやすいといえます。そのため、初学者も安心して利用することができるでしょう。

エディターやIDEに慣れている人に向いているもの

初学者にはあまり向いていませんが、エディターとして有名なものを2つご紹介します。

Emacs

出典:GNU Emacs – GNU Project – GNU.org

1976年にデイビット・A・ムーンとガイ・スティール・ジュニアによってリリースされたオープンソースのテキストエディターで、UNIXの開発で最もよく使われています。クロスプラットフォーム化が進んでいるのでWindows、Mac、LinuxなどのOSでも利用することができ、日本語の編集も可能です。また、Python以外のプログラム言語での利用もできるようになっています。

Emacsはパソコンのマウスが普及していない時代にリリースされたため、すべての操作をキーボードでできるようになっています。また、Emacs独自のキーバウンドが設定されており、EmacsではM(Alt)-wがコピーで、WindowsのCtrl-cでコピーなどとはショートカットをする方法が異なります。Emacsのキーバウンドに慣れればマウスを一切使わずにプログラミングをすることができるので、素早い作業ができるようになります。

また、Emacs-LispというEmacsをカスタマイズするための専用言語があるため、新しいコマンドやアプリケーションを自分で作成ができ、他のユーザーが作った便利なパッケージも利用することができます。加えて、Emacs-Lispで作ったカスタマイズはOS、GUI、CLIなどの異なる環境でも同じ動作をすることが可能です。

他のテキストエディターやIDEと違い、パッケージのインストール以外は数々の設定を自分でおこなわなければなりません。しかし、Emacsは拡張性とカスタマイズの自由度が非常に高くなっているため、熟練プログラマーに好まれています。

SublimeText

出典:Sublime Text – Text Editing, Done Right

2008年にJon Skinnerによってリリースされたテキストエディターです。最初は無料で利用できますが、試用期間を過ぎたあとはライセンスの購入が必要になります。対応OSはWindows、Mac、Linuxで、PythonのAPIを備え、多くのプログラミング言語で利用可能です。

” Some things users love about Sublime Text “と公式ホームページにあったことから、『恋するテキストエディター』とも呼ばれています。動作が軽く、初期搭載の機能も少なくなっています。しかし、無料のプラグインが充実しているため拡張性が高く、自由にカスタマイズできるため、テキストエディターに慣れている方に人気があります。

日本語化のプラグインもあり、初学者でも扱うことが可能です。しかし、Sublime Textの特徴的な機能を使うまでに、記述ミスの削減など、基本的なコーディングに慣れたほうが学習の効率化につながります。試用期間も定められているため、他のテキストエディターに慣れてからの利用をおすすめします。

まとめ

ここまでお伝えしてきたように、テキストエディターとIDEにはさまざまな種類があります。Windowsならサクラエディター、MacならCotEditorといったものもあり、Python向けの記事のために記述しなかったものも多いです。

調べればたくさんのテキストエディターが出てきますので、いろいろと試していくなかでそれぞれの特徴をつかみ、自分にあったものをお探しください。この記事が少しでもお役立てになれば幸いです。

関連記事

サービスにご興味のある方は「エントリー」へお進みください。