TechReach エントリー

フリーランスエンジニアの平均年収は?高収入を稼ぐポイントも解説

会社員と違いフリーランスエンジニアの収入が不安定とはいえ、平均年収は気になるところだと思います。この記事ではエンジニアの業種ごとの平均年収をお伝えし、フリーランスエンジニアのメリット、デメリットを説明します。さらにフリーランスエンジニアに求められる条件や収入を上げるポイントについても解説をします。会社員と比べてフリーランスは自分の能力が報酬に反映されやすくなります。記事を参考に対策を考えましょう。

フリーランスエンジニアの平均年収

平均年数は450万~800万円程度と幅があり、個人で見れば450万円以下の人もいますし1000万円以上の人もいます。フリーランスエンジニアとはどの様な職業で業種ごとの年収はどうなっているのかを見ていきましょう。

フリーランスエンジニア

企業と雇用関係を結ばずに働いているエンジニアのことを、フリーランスエンジニアといいます。エンジニアには種類があり、システムエンジニア、webエンジニア、プログラマーなど、作成する成果物によって業種が変わります。

フリーランスエンジニアは会社員と違って自分で仕事を探さない限り報酬が発生しません。ですので仕事をえるためには自分で営業などをしなければなりません。

フリーランスエンジニアの平均年収比較

エンジニアの業種や個々人の実力、どのようなライフバランスで仕事をしているかによっても年収は変わってきます。おおよそではありますが求人内容から平均値を出したものが下記になります。

システムエンジニアシステムの開発を担当する。Java、PHP、Pythonといったプログラミング言語が必要になる。平均年収は600〜960万
フロントエンドエンジニアユーザーが実際に触れるWebページの制作を担当する。HTML、CSS、JavaScriptなどの知識が求められる。平均年収は480〜1020万
プログラマーシステムやアプリケーションを動かすプログラミングをする。必要スキルはPHP、Ruby、C言語など。平均年収は400〜800万
WebエンジニアWebページの制作やメンテナンスをおこなう。HTMLやCSS、PHPの他、WordPressに関する知識が重要。平均年収は600〜960万
アプリケーションエンジニア企業の業務システムやスマートフォンのアプリケーションを作る。金融機関や鉄道といったインフラに関わることも。業務のアプリケーションを作る場合には、Java、C、C#などの言語のスキル、スマートフォンのアプリケーション制作には、SwiftやJava、Kotlinが求められる。平均年収は600〜1080万

会社員エンジニア

平均年収は530万円でフリーランスの中央値よりも低くなっています。しかし、50代以降の年収は会社員エンジニアのほうがうわまります。50代以降のフリーランスエンジニアは仕事が取りづらくなり年収が下がる傾向にあるからです。

フリーランスエンジニアのメリット

個人によるところは大きいですが、会社員エンジニアよりフリーランスエンジニアのほうが平均年収が高いことがわかりました。金銭以外のメリットについても確認していきましょう。

実力次第で収入が伸ばせる

フリーランスエンジニアは自分で選んだ条件で契約を結べるため、実力があれば高単価案件の仕事だけを続けることができます。ここでの実力とは、使用言語の専門性や数、資格、業務に対する包括的な知識や経験、営業力や交渉力も入ります。また、実力とは誰かが下した評価です。フリーランス人材のなかで見た、相対的な評価があなたの実力になります。周りのフリーランスエンジニアに比べて自分は何が勝り、どの力を伸ばせばより実力を高め、活かすことができるのかと考えることも大切です。

自由な環境、時間に働ける

フリーランスエンジニアは会社と雇用契約を結んでいませんので、仕事に対する裁量権のすべてを自分が持ち合わせています。

常駐型といい、契約企業に赴いて仕事をする場合もありますが、在宅型といって働く場所も、時間も、自由に選べる契約もあります。

契約するクライアント、内容、条件などのすべてを自分で選ぶ事ができるので、会社員の時よりも自由度が高いといえます。

自分の得意な仕事を選べる

自分が裁量権を持っているので、自分の得意な仕事だけを選ぶこともできます。得意な仕事のニーズが一定数あるならば、同じ様な仕事を続けるだけでも十分に生活して行けます。しかし、IT業界は新しい技術がどんどん出てきます。同じ仕事の繰り返しでは新しいことを学べず、通用しなくなる可能性もあります。ですので仕事をしながら勉強もし、得意分野の幅を広げていくことが大切です。

好きなだけ仕事を増やせる

しっかりと契約義務を守れるのであれば、一度に複数案件を手がけてもまったく問題になりません。常駐型の案件で週5日企業に赴き、空いた時間で在宅型案件の仕事をすることもできます。フリーランスエンジニアに雇用主はいないので、クライアントに迷惑をかけない限り、どのような働き方をしても大丈夫なのです。

節税できる

フリーランスになると個人事業主として税務署に開業届を提出することができます。開業届を出すことなくフリーランスとして仕事をすることもできますが、開業届を出した年の3月15日まで、もしくは開業届を出したのが1月16日以降の場合には、開業届を出した2ヵ月以内に青色申告承認申請書(青色申告)の提出をすると、最大65万円の所得税特別控除を受ける事ができます。この特別控除で所得金額が下がることになり、所得税の金額が抑えられ、節税することができるのです。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスには会社員ではえられないメリットがありますが、逆をいうと会社員の時に得ていたメリットを受けられなくなるデメリットがあります。

仕事が見つからず、収入が安定しない

フリーランスエンジニアは売り手市場のため、十分な実績を積み独立した人が仕事に困ることはあまりないでしょう。しかし、エンジニア養成スクールや独学からフリーランスになった人など、実務経験のない人は仕事が見つからずに困ってしまうことも考えられます。エンジニアの募集要項で実務経験を求められることが多いからです。実務経験なしの案件もありますが、経験豊富な人材と実務経験のない人材が競合した場合、どちらが選ばれやすいかは想像に難しくありません。一概にいえることではありませんが、実務経験がない場合は収入が安定しない可能性も出てきます。

雑務も全て自分でおこなう必要がある

会社員なら所得税や健康保険などの申請、支払いなどはすべて会社が行ってくれています。ですがフリーランスになると会社が行ってくれていた処理をすべて自分でおこなわなくてはなりません。先に書いた青色申告のことに関していえば、帳簿をつけて取引の管理をしなくてはいけませんし、毎年度末には確定申告をしなくてはならなくなります。会社員プログラマーは自分の業務に専念していれば仕事が全うできますが、フリーランスプログラマーになるとプログラミング以外の仕事も自分でおこなわなければならないのです。

福利厚生などの会社員の恩恵がなくなる

会社員は厚生年金、健康保険、雇用保険への加入費用を会社と折半して払っています。また、労災保険の加入費用に関しては会社が全額負担しています。

フリーランスでは国民健康保険と国民年金に加入することになっていますが、その費用は全額自己負担になるため会社員の時よりも支払いが大きくなります。そして、会社員とは違い働けなくなってしまった時などの有事の保証は基本的にはありません。日頃の健康管理ももちろん大切ですが、保険になるような民間サービスの契約や十分な貯蓄などをして、万が一に備えておくことも大切です。

孤独を感じやすい

在宅型案件の場合は作業環境さえあればどこでも仕事ができるため、会社員エンジニアと比べると人との触れ合いが大幅に減ります。

常駐型案件の場合は契約企業の現場に赴いての仕事になりますので、人との触れ合いは会社員とそこまで変わらないかもしれません。しかし、同じプロジェクトに参加していてもフリーランスプログラマーはあくまで企業外の人であるので、やり取りの一つ一つが仲間内のそれとは違い寂しさを覚えるかもしれません。

何を持って孤独と感じるかは人によって違いますが、孤独を感じたときは「あぁ、今自分は孤独を感じているんだ」と自分の感情を認識すると落ち着くことができます。孤独の解消法は、友達と会ったり、同じフリーランス仲間を作ったりと、いろいろとありますので自分で調べて試してみましょう。

スキルを伸ばせない可能性がある

フリーランスエンジニアは契約通りに成果物を納めないと信用が損なわれ、クライアントに迷惑をかけてしまいます。ですので、危ない橋を渡るより、自信のある内容の仕事を選びがちになるケースが多いです。同じような仕事ばかりを続けると新しいスキルは手に入れにくくなってしまいます。それに比べ会社員プログラマーはスキル外の仕事にも挑戦しやすい環境があります。スキル外のことでも経験させ、育てることが会社の利益に直結するからです。フリーランスエンジニアもスキルを磨き、新しい分野に挑戦することはもちろんできますが、会社員と比べてリスクは高くなってしまいます。

フリーランスエンジニアの仕事に関わる条件

エンジニアの業種や案件ごとに求められる内容は変わってきますが、クライアントが着目していることはどのような仕事でも似通っています。確認していきましょう。

スキル・知識

それぞれの業種で必要なプログラミング言語、業務に関するシステムの知識は当然ながら基本スキルとして求められます。加えて、パソコン全般の包括的な操作や知識、ネットワークなどのIT関連システムへの知見、業務工程を含む仕事の流れの理解などが必要です。エンジニアとして必要なIT系スキルの他にも業務上の観点から、論理的思考や問題発見、解決力などが求められます。

経験年数

実務経験3年以上を求めている案件が目立ちます。実務経験が3年あればシステム開発の着手、進行、エラー発生時の対応や人とのやり取り、業務の自己完遂など、基本的なスキルが身についていることが多いからです。もちろん、応募案件のなかには実務経験なしで契約できるものもあります。しかし全体数が少ないうえに、同じ業務内容で実務経験が長い人と競合してしまった場合は採用されづらくなります。会社員として経験を積める環境にあるならば、3年以上勤めてからフリーランスに転向するほうが賢明だといえるでしょう。

年齢

若すぎるのでフリーランスエンジニアになれないといった決まりや、会社員のような定年退職はありません。誰でも、何歳でも大丈夫です。しかし、年齢によって求められる仕事は変わってきますので、自分の年齢や実績に沿った計画を練る必要があります。なかでも50歳以降になると、企業のプロジェクトによってはチームの構成年齢から外れるパターンが出てきます。ですのでプロジェクトリーダーの経験や幅広い人脈など、他のエンジニアにはないスキル、付加価値を上げていく必要があります。

コミュニケーション能力

フリーランスは会社員に比べると自由なイメージがありますが、クライアントから仕事を受注しますのでどう避けていても人付き合いが必要になります。常駐型は言わずもがなですが、在宅型でも契約時の面談がありますし、進捗の報告も必要になってきます。そして常駐型、在宅型を問わず、相手が望んでいるものを察知し、必要であれば会話をし、求められる仕事をこなしていかなければなりません。フリーランスエンジニアとして働いていく以上、コミュニケーション能力は必要になってきます。

報酬単価

エンジニアの業種、実績にもよりますが平均すると40〜80万円ほどになります。40万円以下、80万円以上の案件ももちろんあります。

詳しくは後述しますが、フリーランスエンジニアは自分で営業、交渉、受注、納品のすべてをおこないますので実績や市場との比較で報酬単価を上げることはできます。ただ、クライアントにも予算がありますので無闇に単価交渉をして契約終了などにならないようにしなけばなりません。

フリーランスエンジニアで高収入を稼ぐポイント

報酬が業務内容と見合わないと不満を感じる事は会社員と比べ少なくなります。フリーランスエンジニアは自分で仕事を選んで契約をし、業務内容に見合った適正報酬単価を受け取ることができるからです。

ここでは、フリーランスエンジニアがさらに年収を上げるために効果的な方法を書いていきます。自分に合った方法で実力を高めていきましょう。

学習を継続する

IT業界は技術進歩が早いので、時代の流れに乗り遅れないよう常に学習し、スキルを伸ばしていく必要があります。また、ある日突然新しいサービスが台頭し、そのサービスに必要なプログラミング言語の需要が高まることも考えられます。学習を続けて資格を取れば、高単価案件を獲得しやすくなるかもしれません。

フリーランスエンジニアは売り手市場ではありますが、収入を上げるためには常にスキルアップを目指し学んでいく姿勢が肝要です。

営業力を磨く

フリーランスエンジニアとして同じ技術レベルを持っていても、営業力があればクライアントが提示している額面よりも高額で契約を結ぶことができるかもしれません。

面談の際にクライアントの要望、ニーズを読み取り、クライアントが気付いていないプラスアルファの掘り起こし、それらが自分との契約で達成できると感じて貰えれば報酬アップに了承頂ける可能性は上がります。

営業力とは業務に対する幅広い知識、観察力、論理力、コミュニケーション能力と、さまざまな観点から相手の立場に立ってこそ磨かれるものです。エンジニアスキルだけで満足せず、総合的な人間力を高めるよう心がけましょう。

取引先とよい信頼関係を築く

よい信頼関係はよい仕事につながり、よい仕事はお互いの満足、一体感にもつながります。

取引先との信頼関係を築くためにも、求められる業務をしっかりとこなし、適宜必要なコミュニケーションを取り、問題が発生しても向かい合い、解決し、成果物を納められるようにしましょう。また、自己開示、誠実さ、他者受容が信頼関係を築くうえでは大切になってきます。よい信頼関係を築き、よい成果物を納めれば、継続契約や追加報酬がある場合もあります。仕事を充実させるためにも、できる限り信頼関係に意識を向けるようにしましょう。

効率的に仕事を選ぶ

単価の安い案件を繰り返すより、高単価案件をえるために数ヵ月仕事を減らす、あるいは休んで新しいスキルの習得、資格の取得をしたほうが結果的に年収があがる可能性があります。そういった決断ができるのもフリーランスエンジニアの強みです。また、仮に高単価案件を獲得しても継続契約をせずにその都度新しい取引先を探すこともできます。エンジニアを探している企業はたくさんあるので、時期が違えば募集案件も変わります。新しい企業ごとに契約書のやり取りや面談が入ってはきますが、収入を上げることを主軸に考えるのであればそのような判断で仕事を選ぶこともできます。

人脈を広げる

フリーランスエンジニアを対象にした交流会やイベントは数多くおこなわれています。そういった場で人脈を広げ、仕事につなげていくこともできます。

過去に取引をした企業の評価が高く、専門性を認めて貰えるようならば紹介された際の単価を引きあげることもできるでしょう。

人脈を広げる努力、人脈が広がるに足る実績を残すことができれば、仕事が舞い込んでくる確率は上がります。 

自分のサービスを持っておく

個人でシステム開発をし公開したサービスを企業に提出し評価されれば、高単価案件につながる可能性があります。また、開発したサービスが良ければ企業に販売できるかもしれませんし、開発サービスを収益化できる可能性もあります。

システム開発には要件定義、リリース、運用、保守に至る流れを一人でおこなうためスキルの習得にも役立ちます。時間とゆとりがあるのなら、選択肢を増やすためにも個人でのシステム開発はおすすめできます。

他の収入源を持つ

メインで取り組んでいる案件の空き時間に、エンジニアとして別の仕事を入れることもできますが、エンジニアの知識を活かした仕事(副業)をすることもできます。

仕事内容としては①講師②ライター③ブログ運営などになります。

①の講師はエンジニア養成スクールなどの学校タイプのものと、技術や知識の提供者として受講希望者に教鞭をとるタイプのものがあります。②ライターはフリーランスエンジニアという専門性を活かし、求められた記事を執筆し納品する仕事です。③ブログ運営は自信の経験やスキルをもとに記事を書き、アフィリエイトなどの広告費で収入をえるものになります。

まとめ

今回はフリーランスエンジニアについてまとめました。紹介したどの業種も年収の幅は広くなっていますが、IT業界は慢性的な人材不足ですので、実力さえあれば高単価案件を取りやすい環境にあるといえます。

収入を増やす方法もいろいろとありますので、自分に合った計画を立て、行動し、それぞれの目標を達成させましょう。

関連記事

サービスにご興味のある方は「エントリー」へお進みください。